Z会小学生コースの教材

Z会小学生コースの教材

Z会小学生コースの教材は、子供だけでなく保護者の方も一緒に学習できるようになっています。単に問題を解くだけでなく、「考えて解く」「考えて書く」勉強方法を取り入れています。

 

Z会小学生コースの教材は、毎日1日30分勉強して、月1回添削テストを行ってZ会へ郵送します。生徒ごとに個別の講師がつき、わかりやすい添削やはげましシートを書いて返送するので、ますます勉強が楽しくなります。

 

1、2年生コースでは、入会申込後に4つの教材が届きます。「わくわくペアスタディ」は、保護者が子供と一緒に勉強するための学習の手引きで、1ヶ月に8回分あります。

 

「わくわくペアスタディ 学習の手引」は、その月の「わくわくペアスタディ」や「ドリルZ」と、先月の添削問題の答えと解説が載った、保護者用の指導用手引です。「ドリルZ」は、子供が一人で勉強できるように作られ、1ヶ月に12回分問題が入っています。

 

「てんさくもんだい」は、勉強した月にどれだけ理解できたかを確かめるためのものです。子供1人で取り組みますが、テストではないので「わくわくペアスタディ」で解き方などを調べても大丈夫です。

 

3年生コースからは、標準コースと受験コースによって教材が変わります。標準コースは、「エブリスタディ」という国語、算数、理科、社会の4教科が1冊になった教材と、「エブリスタディ 答えと考え方」という解説書と、「てんさく問題」が届きます。

 

また、2011年から始まる新小学校学習指導要領に合わせて、副教材が年に数回送られてきます。入会時に国語、算数、理科の移行措置対応教材、4月に国語用のドリル(上)、8月に国語と算数用のドリル、10月に国語用のドリル(下)、3月に「学年末パーフェスとドリル」が送られてきます。

 

受験コースは、入会時に送られる教材の他に、てんさく問題が月に2回あります。また、受験コースでは「コンサルテーションサービス」があり、電話やFAX」郵便やインターネットで教材についての問い合わせを受け付けて専属のスタッフが親切に回答します。



Z会

アドセンス広告